おススメ情報

流体解析をゲームで覚えるのは難しい?

流体解析というのは非常に難しいものであり、専門に勉強をした事がある人でもなければなかなか覚える事はできないものです。
難しいというイメージがある事から余計に頭に入ってきづらいものですが、楽しく勉強をする方法があればすんなりと覚える事ができるのではと考えました。
そこで流体解析をゲームで勉強する事ができる物があれば、理解しやすいと考えたのですが、よくよく冷静になってみると結構問題がある事がわかりました。

なんでもゲームにすれば入ってきやすいのでは?

流体解析は話を聞いてもさっぱりわからなかったりするのですが、ゲームにすれば覚えやすいのではと思いました。
どのようなものでもそうですが、興味を持たずに勉強をしようとしてもなかなか頭に入ってくるものではなく、興味を持たなければ覚える事は容易ではありません。
逆に興味を持てば自然とその事について自ら考えて調べていきますから、勉強という意識を持たなくても何時の間にか理解をしていたりするものです。
実際にゲーマーの知識というのはかなり豊富なものがあり、その知識というのは必死で勉強をして身につけたものではなく、遊んでいるうちに自然と身についたものですから、ゲームにするというのは割と間違っていないのではないかなと感じます。
ただ、流体解析をどのような形でゲームにするのかどのような種類の物にしていくのかという問題がありますから、一筋縄ではいかないかもしれませんが、割と発想的には面白いのではないかなと思いました。

流体解析はニッチすぎるか…

流体解析をゲームにするというのは案として悪くないと思ったのですが、冷静になってみるとこのようなゲームを誰が買うのかという問題があります。
何が流行るかわかりませんから、流体解析を題材にしたものが流行らないとは限りませんが、実際に自分が買うかと言われると微妙なところです。
というよりもよほどの事がなければ自分から進んで購入をしようとは思いませんから、企画の段階で通らないのではという懸念が出てきました。
もう一つ問題があるとするならば、誰がどのようにして流体解析を扱ったゲームを作るのかという事です。
ゲームを作るのであれば当然知識のある人が必要になってくるわけで、製作者の中に流体解析を理解している人がどれだけいるのかという事になってしまいます。
いくら案として良くても作る人が理解をしていなければ作る事ができませんから、人材を集めるにも苦労をしてしまいそうです。
さすがに流体解析をゲームにするのは、ニッチすぎるのかもしれません。

伐採の技術をゲームで習得?

今の時代はあらゆるものがゲームにされていたりするものですが、最近伐採のことに興味を持ちこれも疑似体験できるのではないかなと考えました。
実際にここで鍛えたものがそのまま通用するとは思えませんが、ある程度似たような状況が発生したときの練習としては悪くないかなと思ったのです。
後はどれだけ現実に近づけられるかが問題ではありますが、今の技術を持ってすれば伐採をゲームでかなり現実的に表現をすることはできそうです。

空間認識能力は鍛えられる

ゲームだけでそのまま伐採の技術を取得するのは容易なことでは無いかもしれませんが、少なくとも空間認識能力は鍛えられそうです。
一昔前までの完全な二次元の世界でしたら、空間認識能力も何もあったものではありませんが、最近は三次元の現実と見紛うようなものがたくさん出てきましたし、特に今流行りにVRを駆使すれば空間認識能力の向上には役立つのではないでしょうか。
もちろん、それはゲームの出来に関わってきますから製作者がどれだけ本物に近いものを作り上げることができるのかということが鍵となってきますが、逆にその点を完璧に作ることができるのであれば、実際に役立つ作品には仕上がりそうです。
このようなことで簡単に伐採の技術が身につくとは思っていませんが、少なくとも参考になるものを作り上げることができるには間違いなさそうなので面白いかもしれません。
なかなか空間認識能力を高めるのは容易ではないだけに、この辺はゲームの強みですね。

はたして実地で使えるのか

ゲームで鍛えた技術は果たして実地で使うことができるのかという部分ですが、結局の所はこれは人によりけりと考えています。
例えばゲームで上手く行ったから実地も同じように行くはずだと甘く考えていれば、これは当然上手くいくはずがありません。
しかし、あくまでも仮想試験と考えてそれを実地でどのようにして活かすことができるかを考えることができる人であれば、十分に役立つのではないかなという気がします。
机上の空論はあくまでも机上のものでしかありませんが、事前に計算をした結果を実地で検証してみるというのは人類が何度も行ってきた試みですから、決して無駄では無いような気がします。
伐採をする手応えを完全に再現するのは難しくても、角度や切る場所からどのように倒れていくのかをゲーム上で表現することはそれほど難しいものではありませんから、伐採した後の流れを理解したり予習しておくという意味では十分に使えるものになると考えています。

バイトを始めたい知人からの相談「東京でベビーシッターの求人はどのくらいあるのか?」

近年、保育園が足りなくて、思うように働くことができないお母さんやお父さんが多いようです。
ニュースや国会などでも、そうした悲痛な叫びが取り上げられています。
日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、欧米のドラマなどを見ていると当たり前に登場するベビーシッターは、そんな働くお父さんお母さんの味方です。
ベビーシッターの求人はどのくらいあるのかという、知人の相談から見えてきた東京の現状をお伝えしていきます。

「子供と関わる仕事がしたい」という知人

きっかけは、「子供と関わる仕事がしたい」という知人からの相談でした。
子供と関わる仕事というと、保育士さんや学校の先生、塾の講師や家庭教師などがパッと思いつきます。
子供の年齢によっても仕事内容が違いますし、必要な資格もそれぞれです。
何より、もし保育士や学校の先生になるのであれば、大学や専門学校で必要な履修科目や教育実習などを受けていることが必要不可欠です。
塾の講師などもそれなりの学力や知識が必要になってくるし、受験生など限られた年齢の子供と接することになります。
もしバイトとしてそういった仕事をしたいのであれば、ベビーシッターが最適なのではと考えたのです。
ベビーシッターであれば、特別な資格がなくても、子供と接する仕事に携わることができます。
また、保育園不足の地域社会にも貢献することができます。
もちろん、小さい子供が多いので責任重大ではありますが、それだけとてもやりがいがある仕事でもあり、知人にピッタリなのではと思ったのです。

なぜゲームオタクの俺に聞く!?

なぜゲームオタクの俺に聞くのか、というのは、ゲーム好きだから子供の気持ちが分かるだろうという考えからかもしれません。
もしくは、情報集めが得意だと思われているからかもしれません。
ベビーシッターのバイトは、東京では現状、常時100件近くの求人があるようです。
勤務時間や給与などは、登録する会社によって様々なので、自分に合った働き方ができそうです。

また、当然のことですが依頼する家庭の都合や事情によっても変わってきます。
子供は急に熱を出したりするので、そういった状況に柔軟に対応できると重宝されるかもしれません。
ベビーシッターは特別な資格は不要と書きましたが、公益社団法人全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター資格」を取得しておくことをおすすめします。
子供のことに関して勉強になりますし、バイトを探す際にも有利になります。
資格があることで採用を前向きに検討してくれる会社もあるでしょうし、なによりご家庭からの信頼度も違ってくるでしょう。

ハンディ粘度計のボタンはたった4つ!?

ゲーム好きの男と聞くと、家にこもって一人でゲームばっかりやっていて、知り合いなんかあまりいないんだろう、みたいな偏見を持たれてしまうことがあります。
確かに、俺も休みの日には家の中にいることが多いのは確かですが、外出して色々な人に合うこともありますし、学生時代の友だちや仕事関係の知人など、知り合いと呼べる人はそれなりにいるのです。
その知り合いの中にはどんな仕事かのイメージが湧かないような職業の人もいて、色々と興味深い話が聞けることがあります。

知り合いが粘度計の写真を送ってきた

俺の知り合いの中には、食品関係の開発の仕事をしている人がいます。
その人はけっこうサービス精神が旺盛な人で、会って話してたりメールしたりしてる時に俺が少しでも興味を示した話題があると、そのことについて色々と詳しく教えてくれるのです。
しかし、実際のところは話の内容が専門的すぎて、その人が何を言ってるのかがよく分からないなどということもよくあります。
それでも、自分が知らない世界のことに少しでも触れられるので、何だか楽しいなと思うことも多いです。
特にその人が仕事で使っている機械の話を聞いたり、写真を見せてもらったりすると、こんな機械が世の中にあったんだと、新鮮な発見をした気分になります。
俺の趣味で例えるなら、未来世界や異次元の世界を舞台にしたゲームの世界に触れているような、ワクワク感を覚えることができるのです。
その知り合いが最近、粘度計という聞いたことがない機械の写真を送ってきてくれて、それについても面白いなと感じることがありました。

ゲームのコントローラーと比べると単純そう

粘度計という機械は液体か、液体と固体が混ざり合った状態の物体の粘度を測定するもので、商品開発においてはけっこう重要な役割を果たしているのだそうです。
何かを測定する機械と聞くと、サイズが大きくて重そうなものをイメージしがちなのですが、知り合いが送ってきた写真に写っていたのはハンディ粘度計といって、電動ドリルやハンドミキサーっぽい形と大きさの機械でした。
測定を行う本体の付いている棒状の部分を測定したい物体の中に入れて、それが回転することによって粘度が分かるという仕組みだとのことです。
また、測定用の機械にはたくさんのボタンが付いていて、操作が複雑で面倒臭そうだというイメージもありました。しかし、そのハンディ粘度計弐は何とボタンがたった4つしか付いていなかったのは驚きでした。
それだったら、俺が普段遊んでいるゲームのコントローラーよりも操作が単純そうです。
そのため、以前は存在さえ知らなかった粘度計という機械を、機会があれば自分も使ってみたいと思いました。

激安の壁面収納は疑ってかかったほうがいい?

ゲームオタクが抱えがちな悩みと言えば、ゲームソフトや関連道具の保管場所。
マニアな人なら数もそれなりに多いはずですので、部屋が散乱して困ってしまうこともあるでしょう。
そんな時には壁面収納が良いかもしれません。
要は壁側に収納を設置するスタイルのことですが、壁のスペースを有効活用することで不必要に部屋を狭くすることなく、収納スペースを生み出すことができるのです。
ただし、激安の壁面収納には注意した方が良いかもしれません。

無料アイテムが使えないのと同じ

壁面収納のアイデアを思い付いた時には、もちろん自身でも実践しました。
ゲーム以外にはあまりお金を使いたくない考えもありましたから、当然のごとく価格の安い物をターゲットに選び出したのです。ところがゲームの無料アイテムの如く使えない結果になってしまいました。
設置当初は上手く収納ができ喜んでいたものの、ある時にふと目をやってみると、重みで棚がたわんでいるではないですか。
確かに簡素で耐久性には不安はあったものの、その不安が現実になってしまったのです。
幸い、補強をすることで何とか悲惨な状況にならずに済みましたが、気付かないままだったらきっと大変なことになっていたでしょう。
激安の壁面収納は、使用されている素材が安いからか、耐久性にはあまり期待ができないと言えそうです。
私のパターンのように、ゲーム道具の重みで棚が潰れるなどの危険性もありますので、もしかしたら棚から落下して破損する可能性も否定できません。
安さの裏には理由があることをよく理解して選んだ方が良さそうです。

ゲームでも現実でも情報の精査は大切

壁面収納自体はとても便利な収納スペースですから設置すること自体はおすすめです。
しかしどのような物を設置するかがとても大切であり、下手をすると悲しい結末を迎えてしまうかもしれません。
失敗のない壁面収納のためには、情報の精査をしっかりと行うことをおすすめします。
情報をリサーチするのはゲームでもお馴染みの作業ですが、現実でも当然必要になってきます。
むしろ現実の方が生活にダイレクトに被害を及ぼしますから、リアルを重視した考え方も大切でしょう。
選択の注意点としては、壁面収納を価格だけで選ぶのは止めた方が良いと言えます。
いくら安く手に入っても、壊れてしまい買い換えでも必要になれば余計に高くついてしまう恐れがあります。
もしゲームが落ちて壊れでもしたらマイナスにもなり兼ねません。
そんなことにしないためにも、価格も大切ではあるものの、丈夫に使える物なのかどうか、十分に情報を集めてから選ぶようにしましょう。
もちろん口コミなどもチェックしながらユーザーからの評価も参考にしていきたいものです。

声優オーディション、申し込んでみようかな

声優オーディションが気になるので申し込んでみようかなとも思います。
上手くいけば自分の声が世界中で聞かれるというような事になるのかもしれません。
声の質にはちょっとだけ自信が無いわけでもないので、審査員によってはいい反応を期待することが出来るかもしれない。
競争率はかなり高いと思われますから、難しい事はわかりますが可能性は無いわけではないという事は言えるでしょうからやってみて損はないぐらいの感覚でやってみても良いかもしれません。

ボイスチャットできるゲームで声を褒められた経験がある

私は以前にボイスチャットできるゲームで声を褒められた経験があるので、実は声にはそれなりに自信があったりもします。
勿論、それだけで声優になれるという事も思いませんが、聞き取りやすいという事は言えるのではないかとも思う。
滑舌はいい方ではないかとも思っていて早口言葉などは比較的得意な方だと自負もしているところです。
ただ、特徴的な声かというとそれに関しては平凡なところという事が言えるのかもしれません。
それが声優には向いていないという気がしないでもありません。
声優に求められるのはどちらかというと個性の方が強い事ではないかとも思えるので、これが気になるところではあったりもする。
場合によってはほとんど聞き取れないような滑舌の悪さがいいというような事があったりもします。
特徴があればそれがキャラクターのイメージともつながっていき覚えてもらう事が出来るので、特徴をつけて個性を出すという必要があるのかもしれません。

イケボを炸裂させるいい機会かも

オーディションはイケボを炸裂させるいい機会となるのかもしれません。
無茶苦茶凄いボイスというわけではないかもしれませんが、それなりにいい声だという事は言われたことが何度かあるので、声の質が良いという事は言えると思っています。
後は求められているキャラクターの特徴に合うのかどうかということや、個性を出せるのかどうかという事になるのでしょうが、そこは普段から時々ものまねなどをしているので、誤魔化すことが出来るのではないかとも思うところ。
テレビなどの声優の声を聞いていてもそれほど自分の声が劣っているという気はしません。
もちろんこれは自分の個人的な考えですから、他の人が聞けば違う事になる事は理解しますが、それほど自分の声も捨てたものではないと思うので、こうしたオーディションという機会はいいチャンスになるのかもしれない。
夢を実現させるには絶好の機会と言えるかもしれませんし、ここから夢が広がっていく事もあるかもしれません。

ゲーム内でできるウユニ塩湖ツアー

見渡す限り広がる白銀の大地は全て塩、雨期には湖面に真っ青な空を写す「天空の鏡」と呼ばれるウユニ塩湖は、死ぬまでに見たい世界の絶景に挙げられます。
行ってはみたくてもウユニ塩湖があるボリビアは遠い、ツアーの旅行代金は40万以上、飛行機はアメリカで乗り継ぎがあり面倒だし、ボリビアの首都ラパスからはバスで10時間以上かかるのだとか。
そしてボリビアの自然は厳しくて、昼間の日差しが強烈、夜には一気に冷え込むのです。
長時間の窮屈な移動と厳しい気候、旅行代金を払わなくても楽しめるのゲーム内のウユニ塩湖ツアーです。

いまのゲームはとにかく映像が綺麗

ゲーム機のスペックの進化に伴い、いまのゲームはとにかく映像がきれいでクリア、臨場感もたっぷりです。
映像の美しさについては、リアルすぎると想像の余地が失われるという意見も見かけますが、グラフィックにどの程度重点をおくのかは人それぞれ、またゲームのタイプによっても違ってきます。
落ちゲーの落ちてくるブロックに、生々しさやリアルさを求める人は滅多にいないでしょう。
自分は種類によってはリアルで美麗な映像は大歓迎、現実の風景を取り入れたゲームなら、リアルに再現されているほうが、プレイしているときに気分も盛りあがります。
最近ではバーチャルで世界旅行を疑似体験できるサービスもみられますが、体験できる場所はまだ限られているようです。
気軽に楽しむならやっぱりゲーム、自宅から出なくて済むし料金もかかりません。
VRゲームでもウユニ塩湖の美しい景観を360度の全方位をリアルに再現、その場にいるかのように体感できるのです。

部屋から出なくても世界旅行気分!

ウユニ塩湖が鑑賞するゲームならやっぱりVR、実際のウユニ塩湖を全天球撮影という特殊な撮影方法で撮った映像を使用しているので、ゲームとはいえリアルのようなもの。
本物の南米の星空を見上げて、その場にいるような臨場感が味わえるのです。
自宅でコンビニのおつまみをつまみながら、日本では決して見ることができない南米の星空が満喫できます。
エアコンの空調をやや蒸し暑く設定すれば、南米っぽくなるかもしれません。
またオンラインのシューティングゲームにも、ウユニ塩湖のマップがあるゲームがあります。
友人と協力プレイしながら、ボリビアの大自然の中を走り回り、ドンパチやらかすリアルでは到底できないスリリングな旅行が楽しめるのはゲームならでは。
最近のリアルな映像をふんだんに使ったゲームなら、部屋から一歩も出ることなく、世界を旅した思い出が作れます。
気軽すぎるので遠路はるばるやってきたという、達成感と充実感が得られないのが少し残念なところでしょう。

テニスゲームでは天然芝コートを選びがち

ゲーム好きはジャンルを問わずに遊んだりするものですが、スポーツものも結構手を出したりします。
自分自身があまり動かないのでせめて遊びの中だけはという気持ちで始めることが多いのですが、元々競技として人気があるものは、やはりゲームになったとしても面白いものです。
テニスなんかはルールも単純で覚えやすく、それでいて巧拙がはっきりするので対戦のしがいもあります。
細かい設定ができるところも、面白いところですよね。

理由は何となくかっこいいから

テニスのゲームには大抵コートの素材を選ぶことができるようになっていますが、自分の場合には天然芝を選ぶようにしています。
理由は着替えるとなんとなくかっこいいからで、特別な理由はありません。
他には人工芝や土があったりするのですが、プロだったら天然芝でプレーをしているのかなと思ったりして天然芝を選んでしまいます。
一応ゲーム的にも違いがあって球の弾み方が変わったりしますから、好みに合わせてコートを変えたりすることができるものの自分はそこまでのこだわりがありませんし、コートの違いによる変化もゲームだとあまり実感できないので特に理由もなければ天然芝を選びます。
人工芝だと無機質な感じがしますし、土のコートでしたら高校の部活動みたいな感じがありますので、雰囲気だと天然芝ですよね。
何となくの理由なので絶対というわけではなく、間違ってしまったらそのまま続行したりするレベルですが、天然芝は格好良いような気がします。

ぶっちゃけ実際にテニスしたことがないから分からん

かっこ良いから選んでいますが、実際にプレーをする場合にはどれが良いのかなということはわかりません。
あくまでも予想ではありますが、人工芝が一番状態が安定しているのでやりやすいのかなという気はします。
天然芝は文字通り自然の素材なので、足腰の負担は少なさそうですが弾み方は安定しなさそうですし、大きく弾むということもなさそうです。
土のコートは弾み方は良いのかもしれませんが、砂埃が舞い上がったりしてあまりきれいな感じがありません。
人工芝だと見た目は鮮やかで均質な状態なので弾み方も安定していて、しっかり反発するのでやりやすそうな気がします。
人工芝を張り替えるのも頼める業者もたくさんいますし、すぐに張り替えることができますから効率が良いのではという気がします。
テニスをしたことがない自分の予想ではこのようなものなのですが、実際にはどうなのでしょうか。
それだけ種類があるということは、何か理由があるということですよね。

通販サイトをネサフ。収納飾りの雛人形ってもはやフィギュア感覚?

ゲームオタクの俺は、やはりゲームのキャラのフィギュアには関心があるのですが、人形というもの自体にはほとんど興味がありません。
フィギュアは男のコレクションとして全く抵抗感なく買えるのですが、人形と言うとどうしても女性が集めるものだというイメージがあります。
なので人形を買うどころか、意識して見ることもなかったのです。
特に雛人形は女の子の象徴みたいな存在なので、近付くのも何だか恥ずかしく感じてしまうのですが、そうとも言っていられない状況になってしまいました。

姪っ子が生まれたため雛人形をチェック

実は俺に姪っ子が生まれたので、おじさんになったのだから奮発して雛人形でも贈ってあげようと思ったのです。
そうは言っても男が一人で人形店に入って行き、雛人形をじっくりと探すのには抵抗感があります。
もちろん店員さんはそういう男がいても何とも思わないでしょうから、恥ずかしく感じるのは自意識過剰だというのはわかっています。
しかし恥ずかしい気持ちは何ともならないので、ゲームソフトやフィギュアを買う時のようにネット通販で買えないのかとネサフをしてみたら、意外と雛人形を扱っている通販店が多いので助かりました。
いつもよく利用している大手通販サイトや、普段ならまず訪れないであろう人形専門店のサイトなどを色々とチェックしてみると、色々なタイプの商品があることに素直に感心しました。
実は高すぎて買えないかもと気になっていたお値段についても、気軽に買える商品がたくさん用意されているので安心ですし、また通販なら家まで配送してくれるので便利です。

収納飾りの雛人形に俺が興味津々

色々な通販サイトをネサフして、姪っ子にどんな雛人形を贈ればいいかと色々考えた結果、収納飾りのものが良いという結論が出ました。
収納飾りなら雛祭りの前にいちいち取り出して設置するといった手間が省けますし、いつか引越しする時があっても運びやすいという利点があります。
しかし何よりも心を惹かれた理由は、自分が集めているフィギュアのように思えたことでした。
華やかな見た目の人形がガラスケースの中に収納されている様子を見て、それまでは人形を飾ることに全く関心がなかった俺に、意外にも親近感と興味が湧いてきたのです。
しかも、最近の雛人形の中には昔ながらの和風っぽい顔立ちのものばかりではなく、フィギュアっぽい顔立ちをしたものや人気のアニメキャラが衣装を来たものまであります。
俺が知らない間に雛人形はこれほど進化してきたのかと、興味津々で通販サイトを見ていたのですが、やはり一般的には昔ながらの見た目のものが喜ばれるようなので、今回は王道のタイプのものを選ぶことにしました。
雛人形にはあまり興味がないと言う男性は、一度色々な商品が揃った通販サイトを見てみると、意外な発見があって面白いかも知れません。

通販サイトで腕時計を買ってみた

腕時計は実店舗で試着をしてから購入するという方法が一般的でしたが、時計専門店は足を踏み入れること自体のハードルが高く、さらにスタッフが付きっきりで接客をしてくれることに煩わしさがあります。
また、価格も定価に近いため躊躇してしまいます。
しかし、現在はインターネットの通販サイトから購入することも出来るようになりました。
試着が出来ないためバンドのサイズが合うか不安な場合もありますが、サイズを指定できるため大きなトラブルにはならないのです。

腕時計専門の通販サイトを発見

最近は時刻を確認する際には常に持ち歩いているスマートフォンを見ることが多いため、腕時計を身に付けない人が20代から30代の若者を中心に増えています。
しかし、腕時計はポケットやバッグの中を探してスマートフォンを取り出すよりもスマートな動作で時刻を確認できることや、ジャケットの袖口から見えることでファッションのアクセントにもなるという大きなメリットがあるのです。
腕時計を購入するときは実店舗で選び、手首に合わせてバンドサイズを調整するという手順が必要です。
しかし、その方法は時間が掛かることに加えて、スタッフが傍らにいるのでゆっくりと選べないという欠点があります。
そんな欠点を解消できるのが腕時計の通販サイトです。
私も、腕時計が欲しいと思い立ったときに腕時計の専門通販サイトを見つけました。
専門サイトなので販売されている商品一つ一つに解説があり、デザインだけでなくブランドの歴史なども知ることが出来ました。

色々オシャレな中からDieselに一目ぼれ

腕時計の専門通販サイトでは様々な人気ブランドの商品が販売されていて、解像度が高い写真も掲載されているため実店舗で見ているかのように選ぶことが出来ます。
スタッフに急かされる思いをすることがないのでじっくりと好みに合うかどうかを見極めることが出来るのです
私は専門通販サイトで商品を眺めているとき、Dieselの腕時計に糸目ぼれしてしまいました。
Dieselは10代後半から30代という年代の人が身に付けるオシャレなイタリアのカジュアルブランドです。
Dieselはデニムを中心に多くのファッション製品を発売していますが、腕時計も出していたとは知りませんでした。
その腕時計はオシャレなデザインでありながら落ち着いた雰囲気で、ビジネスカジュアルによく合うという直感があったのです。
ほかのブランドの製品も見てみましたが、Dieselの腕時計を見たときほどの衝撃はありませんでした。
そのまま購入し、毎日のように身に付けています。