ゲーム実況を動画制作の観点から学ぶ

映像制作は過酷な作業です。画面の内容にもこだわるのもそうですが、ゲーム映像だけじゃない部分もあります。
実況者の顔を見せた方がより面白くなりますし、制作した映像をただ垂れ流すのではなく、面白い部分をピックアップして変種することが必要になってきます。
ただ、ゲームをしているだけではないのです。
また、生実況やゲーム実況などは、今もまだかなりの需要があります。
リアル感を如何に盛り上げるかが争点となってきます。

単純に画面を流すだけじゃ面白くない

映像制作は、画面の内容にもこだわる必要があります。
単純に画面を流すだけじゃ面白くありません。
インターネットなどで話題になっている動画を参考にしてみるのが一番の近道です。
ゲーム映像だけじゃない制作した映像を見せることが重要になってきます。
そのために必要な技術はまずは動画編集です。
これがないと根本から動画を作ることができません。
今はフリーソフトで、使い方も簡単にできるものが揃っているので、それを参考にしてください。
次は、コメントの面白さです。面白くない芸人はテレビから消されえていくように、コメントが面白くないと意味がありません。
ただ、攻略情報を元に攻略していって、強い自分をアピールするだけではなく、攻略サイトを使わずにゲーム実況をしてみたり、大袈裟なリアクションを取ったりすることが必要になってきます。
そうしたものは、ゲーム映像だけじゃない部分です。
映像だけでは意味がありません。
視聴者を楽しまさせなければいけないのです。

生実況と映像作品の違い

ゲーム実況で、生実況と映像制作には大きく違いがあります。
まず、生実況は、素でコメントをします。
ただ、沈黙してゲーム実況をしても面白くありません。
それなら、自分でゲームをした方が面白いです。
リアルタイムで常にコメントを出し続ける必要があります。
また、映像制作では、画面の内容にもこだわる必要があります。
編集が可能なので、短い動画を面白く放送するのが、セオリーになっています。
中には長い動画を流し続けてそれでユーザーができることもありますが、基本はゲーム映像だけじゃないですので、短く、そして、制作した映像を面白く編集することが必要です。
顔とゲーム画面を一体化させたり、面白いコメントだけを切り抜いたり、長時間プレイした結果を早送りをして編集をしたり、色々な映像制作の努力が必要になってきます。
生実況も映像制作も、簡単なものではありません。
しかし、成功すればゲームをするだけで広告収入で生活することも可能です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*