ゲーム業界にとっての板金加工

三度の飯をうっかり忘れるくらいのゲーム好きとして、見逃せないものが増えてきました。
中でも板金加工の出来がゲームセンターにおける優劣を決めるなど、なかなかの視点といえます。
立ち並ぶ筐体も流行り廃りがあるものですが、根強い人気を誇るものには秘訣があります。
それこそ親しみやすく、操作しやすいデザインに他なりません。まさに、板金職人の腕の見せ所です。
単なるゲーム内容だけではなく、板金加工の見事さに目を見張ってこそ、大人のゲーマーといえます。

家庭用ゲームよりゲームセンター系かなぁ

家庭用ゲームも性能が上がって、高画質高性能が当たり前の時代です。
中にはVRなんていう、映画顔負けのコンテンツなどもあり、驚き、そして楽しませてくれます。
だからといってゲームセンターがいらないなんていう声には、一言物申さないわけにはいきません。
広い店内に整然と、あるいは雑然と筐体が並んでいるあの趣きを、自宅で再現できるでしょうか。
見知らぬ人間が集まり、肩を寄せ合って同じゲームをする興奮は、オンラインでは味わえません。
最近流行りなのは、実際にカードが印刷されるものです。
お気に入りのキャラクターが画面内だけではなく、手元にも残るのですから、実感が違います。
家庭用の据え置き機や携帯機の中から、美しいカードが出て来るわけもありません。
そして熱戦が終わったあとでUFOキャッチャーに没頭することは、癒やしのひと時といえます。
振り返れば、物をつかむアームなども板金職人の賜物です。
その優れた技能には感謝しかありません。

筐体からみる板金加工

今一度、店内の光景を脳裏に浮かべてみると、板金加工物で満たされていることに気づきます。
ゲームセンターを華やかに彩るメダル系の筐体は、複雑な特注品の集合体です。
コインを押し出すアーム、それを受け止めるポケット、周囲を囲むカバーなど枚挙に暇がありません。
流行りのゲームを横目に、静かにメダルと戯れる時間も、板金の技術によって保たれています。
また、小銭を崩したり、コインを交換したりする両替機も、板金加工の結晶です。
このようなゲームセンターの筐体や部品も、国内の専門工場で生産されています。
流行りとなる逸品も、渋い人気を誇るゲームも、すべて板金によって支えられているのです。
きらびやかな世界こそ、地道な仕事の積み重ねであることに、胸を熱くせざるを得ません。
もし理想のゲームを作りたいのであれば、板金加工と関わらないわけにはいかないでしょう。
ゲームセンターの楽しみは、筐体を形作る人を想起することにもあるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*