2017年 8月 の投稿一覧

通販サイトで腕時計を買ってみた

腕時計は実店舗で試着をしてから購入するという方法が一般的でしたが、時計専門店は足を踏み入れること自体のハードルが高く、さらにスタッフが付きっきりで接客をしてくれることに煩わしさがあります。
また、価格も定価に近いため躊躇してしまいます。
しかし、現在はインターネットの通販サイトから購入することも出来るようになりました。
試着が出来ないためバンドのサイズが合うか不安な場合もありますが、サイズを指定できるため大きなトラブルにはならないのです。

腕時計専門の通販サイトを発見

最近は時刻を確認する際には常に持ち歩いているスマートフォンを見ることが多いため、腕時計を身に付けない人が20代から30代の若者を中心に増えています。
しかし、腕時計はポケットやバッグの中を探してスマートフォンを取り出すよりもスマートな動作で時刻を確認できることや、ジャケットの袖口から見えることでファッションのアクセントにもなるという大きなメリットがあるのです。
腕時計を購入するときは実店舗で選び、手首に合わせてバンドサイズを調整するという手順が必要です。
しかし、その方法は時間が掛かることに加えて、スタッフが傍らにいるのでゆっくりと選べないという欠点があります。
そんな欠点を解消できるのが腕時計の通販サイトです。
私も、腕時計が欲しいと思い立ったときに腕時計の専門通販サイトを見つけました。
専門サイトなので販売されている商品一つ一つに解説があり、デザインだけでなくブランドの歴史なども知ることが出来ました。

色々オシャレな中からDieselに一目ぼれ

腕時計の専門通販サイトでは様々な人気ブランドの商品が販売されていて、解像度が高い写真も掲載されているため実店舗で見ているかのように選ぶことが出来ます。
スタッフに急かされる思いをすることがないのでじっくりと好みに合うかどうかを見極めることが出来るのです
私は専門通販サイトで商品を眺めているとき、Dieselの腕時計に糸目ぼれしてしまいました。
Dieselは10代後半から30代という年代の人が身に付けるオシャレなイタリアのカジュアルブランドです。
Dieselはデニムを中心に多くのファッション製品を発売していますが、腕時計も出していたとは知りませんでした。
その腕時計はオシャレなデザインでありながら落ち着いた雰囲気で、ビジネスカジュアルによく合うという直感があったのです。
ほかのブランドの製品も見てみましたが、Dieselの腕時計を見たときほどの衝撃はありませんでした。
そのまま購入し、毎日のように身に付けています。

ゲーム内における塗装の進化

ゲームにおけるグラフィックの進歩は勢いがすさまじく、20年前はかろうじて3Dの表現をすることが可能だったのに対し、現在では実写と見間違うほどのグラフィックを表現できています。
プレイヤーが操作したりプレイヤーの仲間や敵となるキャラクターだけでなく、岩や木、草といった自然物と箱やベンチ、建物といった人工物に至るまで全てのグラフィックが進化し続けています。
特に重要なのがテクスチャーで、現実の塗装業界にも通じるものがあります。

ゲームのテクスチャーはこの十年で大きく進化

近年のゲームは3Dグラフィックが主流で、いかに実写に近い画像や映像を作り出すかという点に力が注がれています。
3Dグラフィックの作り方は十年前と現在で大きく変わっておらず、ポリゴンで立体モデルを作り、そのモデルにテクスチャーを貼るのです。
たとえば、丸い立体モデルを作ったあとに赤色のテクスチャーを貼れば赤いボールになり、そこに重さや重力、衝突判定などの処理を加えてボールが誕生します。
作り方が変わっていないにもかかわらずグラフィックが進化したのは、高精度なテクスチャーを生み出すことが出来るようになったことに加えて、ゲーム機やパソコンで画像処理することが可能になったからです。
ゲーム機やパソコンのスペックが向上したことでテクスチャーに使える色数や大きさに自由さが増し、現実と同じようなオブジェクトを表現することが可能になりました。
そこに光源処理や物理演算を加えることで、現実の世界を歩いているようなグラフィックが完成するのです。

現実のテクスチャーともいえる塗装業界

ゲームにおけるテクスチャーを貼る処理とは、既に存在する立体モデルに色を塗ることに近い処理です。
これは現実の塗装と同じことで、たとえば家の外壁を塗装することはテクスチャーを貼っていることと同じだと言えます。
しかし、ゲームの場合は色の指定や範囲の指定を数字で行うデジタルな処理ですが、現実の場合は塗装業者が経験と技術の蓄積によってアナログで行うことになります。
特に、色の指定においては業者の実力がよく分かる処理になり、既存の塗料を使うだけでなく複数の塗料を混ぜ合わせて新たな色を生み出すということも行われているのです。
また、一部の工場では塗装の効率化についても研究が進められていて、より塗りやすく剥がれにくい塗料の開発が行われています。
現実の世界ではキャラクターや自然物に塗装することはありませんが、人工物に塗装することは頻繁に行われていて、職人たちが現実のオブジェクトにテクスチャーを貼っているのです。

運動の少ない俺がしてる便秘対策とは

一日中ゲームをしている引きこもり状態の俺が気になっているのは、ゲームのことだけではありません。
運動不足でも反射神経や、忍耐力は、一定の水準をキープしなければならないので、ある程度身体が、健康じゃないと生活ができないのです。腰が痛いというのは、よくある話ですが、俺は男性だが体質的に便秘になりやすい体質らしく、それなりの対策をしておかないと、腸の中に長い時間便が居座ってしまい、順調な排便が行われないようになってしまいます。

一日中部屋に籠ってると便秘にもなりがち

ゲームを進めるためには一日中自分の部屋の中に籠っていることが必要な日もありますが、そうなってくると便秘にもなりがちです。
とくに女性ゲーマーは、深刻な悩みを抱えているという話を良く聞きます。
一般的に、便秘とは大腸の中の便通が悪くなっている状態を指しています。およそ3日ぐらい排便をしていない状態が続いたら、この症状であると考える必要があります。
そして、排便が1日に1回のペースであったとしても、便の量があまり多くなかったり、すっきりと出たような感覚がなかったり、硬い便で排泄することがなかなかできなかったり、不規則にトイレに行きたくなったりする状態があると、この症状であるということができます。
便秘は、機能性のものと、器質性のものに大まかに分けることができます。
機能性のものは、胃や、腸などといった消化器官が持っている機能が低下していることが原因になっているもので、一般的な症状は、ほとんど機能性のものになります。

便秘に効くサプリメント

器質性の便秘は病院で診察が必要ですが、機能性の便秘にはサプリメントが有効になります。
便秘に効くサプリを摂取して症状が改善されるようであれば恥ずかしい思いをして病院にいかなくても良くなるでしょう。
便秘の解消には乳酸菌飲料や、ヨーグルトを摂るという方法もありますが、余計な脂質や、糖質などが含まれているので、ただでさえ運動不足で太りやすいのに、ますます太ってしまいます。
便秘に効くサプリは、脂質や、糖質などの成分が抑えられていて、必要となる成分だけを集中的に摂ることができるため、引きこもりの生活に適していることになります。
便秘に効くサプリは、乳酸菌や、オリゴ糖が配合されているサプリメントです。
乳酸菌や、オリゴ糖は、胃酸にも消化されず腸の中にまで生きたまま到達することができるので、善玉菌の栄養分となって腸の中の環境を改善させることができます。
ほとんど運動をしていない俺でも便秘に効くサプリを毎日摂取することで便秘を解消させることができています。

ゲーム業界にとっての板金加工

三度の飯をうっかり忘れるくらいのゲーム好きとして、見逃せないものが増えてきました。
中でも板金加工の出来がゲームセンターにおける優劣を決めるなど、なかなかの視点といえます。
立ち並ぶ筐体も流行り廃りがあるものですが、根強い人気を誇るものには秘訣があります。
それこそ親しみやすく、操作しやすいデザインに他なりません。まさに、板金職人の腕の見せ所です。
単なるゲーム内容だけではなく、板金加工の見事さに目を見張ってこそ、大人のゲーマーといえます。

家庭用ゲームよりゲームセンター系かなぁ

家庭用ゲームも性能が上がって、高画質高性能が当たり前の時代です。
中にはVRなんていう、映画顔負けのコンテンツなどもあり、驚き、そして楽しませてくれます。
だからといってゲームセンターがいらないなんていう声には、一言物申さないわけにはいきません。
広い店内に整然と、あるいは雑然と筐体が並んでいるあの趣きを、自宅で再現できるでしょうか。
見知らぬ人間が集まり、肩を寄せ合って同じゲームをする興奮は、オンラインでは味わえません。
最近流行りなのは、実際にカードが印刷されるものです。
お気に入りのキャラクターが画面内だけではなく、手元にも残るのですから、実感が違います。
家庭用の据え置き機や携帯機の中から、美しいカードが出て来るわけもありません。
そして熱戦が終わったあとでUFOキャッチャーに没頭することは、癒やしのひと時といえます。
振り返れば、物をつかむアームなども板金職人の賜物です。
その優れた技能には感謝しかありません。

筐体からみる板金加工

今一度、店内の光景を脳裏に浮かべてみると、板金加工物で満たされていることに気づきます。
ゲームセンターを華やかに彩るメダル系の筐体は、複雑な特注品の集合体です。
コインを押し出すアーム、それを受け止めるポケット、周囲を囲むカバーなど枚挙に暇がありません。
流行りのゲームを横目に、静かにメダルと戯れる時間も、板金の技術によって保たれています。
また、小銭を崩したり、コインを交換したりする両替機も、板金加工の結晶です。
このようなゲームセンターの筐体や部品も、国内の専門工場で生産されています。
流行りとなる逸品も、渋い人気を誇るゲームも、すべて板金によって支えられているのです。
きらびやかな世界こそ、地道な仕事の積み重ねであることに、胸を熱くせざるを得ません。
もし理想のゲームを作りたいのであれば、板金加工と関わらないわけにはいかないでしょう。
ゲームセンターの楽しみは、筐体を形作る人を想起することにもあるのです。