流体解析をゲームで覚えるのは難しい?

流体解析というのは非常に難しいものであり、専門に勉強をした事がある人でもなければなかなか覚える事はできないものです。
難しいというイメージがある事から余計に頭に入ってきづらいものですが、楽しく勉強をする方法があればすんなりと覚える事ができるのではと考えました。
そこで流体解析をゲームで勉強する事ができる物があれば、理解しやすいと考えたのですが、よくよく冷静になってみると結構問題がある事がわかりました。

なんでもゲームにすれば入ってきやすいのでは?

流体解析は話を聞いてもさっぱりわからなかったりするのですが、ゲームにすれば覚えやすいのではと思いました。
どのようなものでもそうですが、興味を持たずに勉強をしようとしてもなかなか頭に入ってくるものではなく、興味を持たなければ覚える事は容易ではありません。
逆に興味を持てば自然とその事について自ら考えて調べていきますから、勉強という意識を持たなくても何時の間にか理解をしていたりするものです。
実際にゲーマーの知識というのはかなり豊富なものがあり、その知識というのは必死で勉強をして身につけたものではなく、遊んでいるうちに自然と身についたものですから、ゲームにするというのは割と間違っていないのではないかなと感じます。
ただ、流体解析をどのような形でゲームにするのかどのような種類の物にしていくのかという問題がありますから、一筋縄ではいかないかもしれませんが、割と発想的には面白いのではないかなと思いました。

流体解析はニッチすぎるか…

流体解析をゲームにするというのは案として悪くないと思ったのですが、冷静になってみるとこのようなゲームを誰が買うのかという問題があります。
何が流行るかわかりませんから、流体解析を題材にしたものが流行らないとは限りませんが、実際に自分が買うかと言われると微妙なところです。
というよりもよほどの事がなければ自分から進んで購入をしようとは思いませんから、企画の段階で通らないのではという懸念が出てきました。
もう一つ問題があるとするならば、誰がどのようにして流体解析を扱ったゲームを作るのかという事です。
ゲームを作るのであれば当然知識のある人が必要になってくるわけで、製作者の中に流体解析を理解している人がどれだけいるのかという事になってしまいます。
いくら案として良くても作る人が理解をしていなければ作る事ができませんから、人材を集めるにも苦労をしてしまいそうです。
さすがに流体解析をゲームにするのは、ニッチすぎるのかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*